鷹の湯温泉のご案内        
立ち寄り入浴  11時〜14時まで  1人630円
 
 役内川に面した一軒宿。行基法師が発見、傷ついた鷹が湯に浸かって傷を治した事
から、鷹の湯と呼ばれるようになりました。
 初代 小山田 秀が旅館として創業したのが明治18年、二代目 小山田八兵衛、道を開き、冬季観光に先鞭をつけたのが、三代目 小山田兵太郎。現在は四代目小山田光太郎。
 元々は湯治が主でしたが、現在は旅館として通年営業しております。
 部屋数は全部で20部屋、お風呂は、深さ130pの立ち湯がある
大浴場と
婦人浴場、混浴露天風呂、婦人用露天風呂、川の露天風呂、足湯があります。
 紅葉の時季も綺麗ですが、雪がしんしんと降る冬も味わいのある雰囲気です。

 

inserted by FC2 system